男性の更年期障害治療を行っている主な病院

更年期障害は女性特有の病気と思われてきましたが、最近は男性にも更年期障害が起こり得ることが分かってきています。

男性には目安となる閉経などの身体的変化がないため更年期障害の症状が分かりにくくしています。
症状が現れる年代は、40代から50代前半にかけて最も多くなるのですが、たとえ若くても男性ホルモンの減少が現れれば更年期障害と同様の症状が現れてきます。
更年期の症状は、女性のそれと同じように動悸、頭痛、発汗、ほてり、のぼせ、手足のしびれの身体的症状と倦怠感、不眠、うつなどの精神的な症状となって表れ自律神経失調症の症状も加わります。
更年期障害の症状が現れて病院に行こうとすると、困るのが何科を受診すればよいのかが分からないということです。女性のように専用の婦人科というものがあればわかりやすいのですが、日本では専門の外来医院が少ないのが現状です。
通院可能な病院にそういった更年期障害治療専門の科がない場合は、その時あらわれている症状ごとに受信することになります。

体に倦怠感や不眠などの症状をおぼえた場合は心療内科または、内科を受診します。改善が見られない場合は神経精神科を受診してみます。
その他身体的な症状のある場合は、泌尿器科を受診することになります。
ですが、総合的な治療はやはり更年期障害治療を専門に受け付けてくれる医院を訪ねたほうが良いでしょう。

更年期障害の症状