酷いむくみは病院で治療しよう

むくみは毎日生活している中で時に起こる症状の一つです。
むくみには様々な原因が考えられます。
体内に余計な水分や老廃物が溜まってしまうことで起こります。
余計な水分があっても、健康な方であれば静脈やリンパ管から排出されるのですが、それが何らかの原因でうまく行われなかった場合は皮膚の下に蓄積されてしまいむくみとなるのです。
特に足はむくむことが多いです。
ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たして血液の循環を手助けしているので、血液を心臓に戻すように働いています。
そのため、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれています。
長時間同じ姿勢でいたり、立ち仕事をしたりするとふくらはぎがむくむのはこのためです。
マッサージなどで改善するような一時的なものならいいのですが、中には病気が原因でむくみが発生している場合もあります。
突然起こったり、長い間解消されない場合は一度病院で医師の診断を受けた方がいいでしょう。
足の静脈弁が壊れてしまう下肢静脈瘤や、心臓に問題がある心臓障害、肝臓や腎臓の障害などが見つかる可能性があります。
早期発見の治療がとても重要になってきますので、気になるむくみを感じたら早めに病院に行くようにしましょう。

ふくらはぎむくみ